>>生地の比較表はコチラ

特長

  • イベント向け生地。最強の厚手生地(透けにくい)。
  • 色落ち耐性。水道水のカルキ・漂白剤に対する耐性を持っており、洗濯しても色落ち寿命が長く当店の他の生地と比べて1.3~1.5倍くらい寿命があります。
  • 2wayトリコット生地としては最大級の厚みのため、非常に透けにくいです。いわゆる「タイツ生地」の部類においてMAXの厚手です。さらに当店ならでは一般市場に出回っている生地よりもさらに120%の隠蔽処理。いわゆる体毛や浮き出た血管などの隠ぺい力は国内最大のスペックです。
  • タイツの締め付け具合として「オプティマイズフィット」「着圧タイプ」と「ゆったりタイプ」が選べます。
  • マジックテープ耐性。ちょっとくらいならばマジックテープを弾きます。 肌タイツにマジックテープ(オス)を貼り付け(youtube) からご覧ください。
  • 光の影響を受けにくい生地。晴天下でも色飛びにくく、マスクの色をしっかり追従します。
  • 厚みのある生地ですが、着用感の気持ちよさはソコソコあります。着心地のよさは どーる >> みやび > うらら >> その他生地 という感じです。

日光下の肌タイツの色 ←写真はお昼頃の晴天下での撮影です。マスクと肌タイツの色の差異を注目ください。

 通常、演色性といってストレッチ生地は光の強さに影響を受けます。概ね晴天下ほど生地の色が急速に白く飛んでしまう現象があり、室内野外と場所と光によってマスクの肌色と肌タイツの肌色のバランスが崩れます。当店はこの演色性対策も考慮済み。強い光でも白飛びしにくく、発色を維持します。

 

トレードオフ

  • 究極のフィット技術はどーるのほうが優れています。イベント向き生地のためある程度ラフに扱える分、シワ無しフィットにこだわる方はどーる生地に軍配があがります。
  • 他の生地とくらべ色移りがしやすく、黒ズミができやすい生地です。そのため、肌タイツのメンテナンスを集約した印刷マニュアルを配布しています。どうやったら黒ズミを落とせるか、普段洗濯するときの注意、推奨の洗剤などなど、詳細に書いていますので参照してください。
  • 手の指の爪先に一点集中した摩擦を繰り返すと穴があきやすくなります。たとえば手のピストン運動や、コリコリとした指先の摩擦などが該当します。これらの摩擦に強い生地はどーるになります。